<< スワロフスキーのジェットが漆黒の輝きを放つ小悪魔系チョーカー | main | スワロフスキーABクリスタルがマジョーラカラーに輝くチョーカー >>
2009.08.06 Thursday

望雁(滋賀県高島市)

0
    仕事で琵琶湖の湖畔へ。

    折角ここまで来たのだから…と2年半ぶりに望雁へ。

    望雁

    以前、クルマで琵琶湖を一周したときに知り合いに教えてもらい来て以来。
    そのときはこのお店の目玉でもある薪ストーブが活躍する寒い時期で、同じくこのお店の名物である美味しいカレーに舌鼓を打ちましたが、今日は当然薪ストーブはお休み。
    そして僕も今日はお腹が空いていなかったのでコーヒーだけ。

    望雁

    因みにこの薪ストーブはマスターが山に入り、立木を切り倒し、トラックに積んで、薪を割り、乾燥に2年間を要する非常に手間と体力のかかるモノで、マスターはそのためにスポーツジムに通って肉体作りをしていると云う、まさにマスターのライフワークで、望雁に訪れた際には是非そこのところに食いついて下さい。

    あと年代モノのメルセデス・ベンツ250CEとゲレンデヴァーゲンも特筆です。


    大きな地図で見る
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>


    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    • 3連アメシストと4ツ玉リングビーズが魅惑的に耳元を彩るフープピアス
      知識陣 健康 (08/12)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM